「導入研修パック」WAP/職場活性化プログラム

職場活性化プログラム/WAPとは?

「クラトゥモ」を有効に活用して頂く為の「導入研修プログラム」です。このプログラムをご利用頂く事によって、操作や使い方だけではなくご施設の組織課題を明確にし、どのアプリケーションを優先的に活用して結果に結び付けて行くか方針を決めて頂く事ができます。また、「クラトゥモ」をご利用頂いてからの職場活性化の取り組みが有効だったかどうか客観的に判断できるプログラムです。

いろいろな課題が次々に、、、改善したいのは山々だけど、どうやって、、?

組織の成功循環モデル/マサチューセッツ工科大学教授のダニエル・キム氏

私たちは、ともすると結果の質行動の質ばかりを追い求めてしまいがちですが、意識がそこに集中するあまり、対立や押し付け、非難や否定などが目だつようになってしまうこともあります。その結果、職場の空気が悪くなって自発的な行動を抑制し、関係をも悪くしてしまうことになります。

 

このようなメンバーの関係性や思考・行動パターンと結果の質について解き明かしたものとして、マサチューセッツ工科大学教授のダニエル・キム氏が提唱する「組織の成功循環モデル」という、組織開発の基本理論があります。

「組織の循環モデル」は、好循環サイクル「グッドサイクル」と悪循環サイクル「バッドサイクル」があります。

「バッドサイクル」

 

 

 

 

先に挙げたような「バッドサイクル」においては、結果だけを求め、「結果の質」を向上させようとすることから考えます。

 

しかし、なかなか成果が上がらず「結果の質」が悪くなると、対立や押し付け、命令や指示が増える事になり「関係の質」が低下します。

 

そして、メンバーから創造的思考が無くなり、受け身で聞くだけとなり「思考の質」も下がります。

 

さらに、自発的な行動や積極的な行動が見られなくなり「行動の質」が下がって、成果が上がらないという悪循環に陥るとされます。

 

 


「グッドサイクル」

 

 

 

一方、「グッドサイクル」においては、「関係の質」を高めるところから考えます。

 

「関係の質」を高めるとは、互いに尊重し、結果を認め、一緒に考えることで、メンバーは自分で気づき、当事者意識が持てるようになり「思考の質」が向上します。

 

そして、向上した「思考の質」は、自発的、積極的な行動を促す事になり、「行動の質」が向上します。

 

その結果として「結果の質」が向上し、成果が得られ、また信頼関係が高まり、「関係の質」がさらに向上することになります。


何よりも「良質な職場」にするためには「関係の質」がグッドサイクルの起点であることを認識する事が必要です。

まずは職員の「関係の質」の改善から

グループウェアクラトゥモの想い

 

「つながっている」ことを大切に、人づくり、組織づくりを楽しく!

 

クラトゥモは、正職員、非常勤職員を問わず職員みんなが「つながっている」ことの大切さを土台に、職員の関係の質を見直すことができます。「お知らせ」や「回覧」、「マニュアル」や「資料」等のファイル共有はもとより、「組織理念や思いの浸透」、「リスクマネジメント」、「エンゲージメント」、「エンパワーメント」「クレーム・要望の管理」「目標管理」など、人材育成、組織力向上への観点からの各機能を一つのシステムに集約し、また、さまざまな年代層の職員でも抵抗なくお使い頂けるように、2つのやさしさ「優しさ」、「易しさ」を兼ね備えたシステムです。

グループウェアクラトゥモができること

 

「見える化」・「つなぐ化」・「仕組み化」

 


課題改善、職場活性化へのプログラム

職場活性化プログラム/WAPの3つのポイント

1.診断結果からクラトゥモ運用計画を立てることによって、漠然とした利用が回避でき、より効果のある運用が可能となります。

診断結果を基に具体的な運用計画策定のアシストをいたします。 アシスト内容をクラトゥモ上に落とし込むことで認知、利用が進みます。

 

利用状況が情報共有「見える化」されることによって、利用方法の理解が進み、活用のハードルが下がることによって、より発展的な使い方が可能となります。

 

2.職員交流や、エンゲージメント醸成に役立つ取り組みを推進したり、逆に組織課題や問題点を共有することで、職員個人の気付きを促し、改善策に対する提案、PDCAサイクルでの具体策実行への参加など、職場活性化へ向けて様々な観点からのアプローチが可能となります。

 

3.組織診断のレポートや、ご施設に合わせた項目設定、クラトゥモ活用のリマインド、職場活性化に関する様々な取り組みのオペレーションを定期的にサポートさせていただきます。

ITツール「クラトゥモ」のご提供というサービスだけではなく、組織の課題抽出から組織運営のアシスタントとしてのご支援、定期的なフォローまでを一貫して行わせて頂きます

組織診断について

診断結果について

診断後は、診断レポート、診断グラフを提出。結果説明と同時にクラトゥモ運用計画のアシストをさせて頂きます。

下のグラフは、職層別結果、経時的評価のグラフイメージです。