システムに関するもの

クラウドってなに?

紙に出さずに回覧もできるよ!

 

「クラトゥモ」って「クラウド・トゥモロー」のことらしいけど、クラウドってなにを意味するの?

 

そうだね、どう説明しようか。まず君は職場でも家でもパソコンを使ってるよね?

 

使ってるよ。

 

じゃあ、使ってるソフトウェアとか、作ったデータはどこに保存してる?

 

それは、家で作ったものは家、職場で作ったものは職場のコンピュータに保存してるわ。

 

そうだよね。不便さを感じた事はない?

 

そうね。職場でみんなに見て欲しい書類なんかは、紙に出さないでそれぞれのコンピュータで回覧出来たらいいのにと思う事はあるわ。そう、それとSNSみたいにどこでもアクセス出来たら便利だろうなと思う事があるわね。

 

君が使っているSNSもクラウドサービスの一つだよ。

 

そう、クラウドってまさしく君が言ったことをやる為にあるんだ。「クラウド」って、英語で「雲」っていう意味だよね。例えば、今は多くの人が使ってると思うんだけど、SNSがあるよね。種類はいろいろあるけど。SNSを使って相手と話す時に、自分のスマホから相手のスマホに直接通信しているわけじゃなくって、どこか分らない場所つまりそれが「雲」ってことなんだけど、どこかにあるサーバーとやり取りしてるんだよ。分る?

 

うん?分ったような分らないような。

 

つまり、君が誰かに送った内容は。どこか分らない「雲」の中にあるサーバーに一旦送られて、保存されるんだ、そしてそのサーバーが自動的に君が送った相手に通知してくれて相手が見れるようになるんだよ。

 

なるほどね。そういうこと。

 

そう、簡単に言ってしまうとクラウドは、自分の家や職場のパソコンにデータを保存しないで、契約した雲の中のサーバーといわれる所にデータを保存したり、あるいはサービスを利用したりする事だよ。

 

メリットは、どこでもアクセスできて、情報を共有できること!

 

どういうメリットがあるの?

 

そうだね。一番は、どこからでもアクセスできるという事、そして情報を共有できるということかな。でもこの二つの事だけでも自分の職場で組み立てようとしたら恐らくかなり高額な予算が必要になるよね。 今のクラウドサービスは、必要なサービスが安価で受けられるものが多くなってきてるし、利用しない手はないよね。

 

なるほど、クラトゥモもクラウドサービスの一つって訳ね!

 

その通りだよ。クラウドサービスだから職場外からでもいつでもアクセスできるんだ。普段あまり顔を合わせることがない職員さんとも情報共有ができるし、つながる事ができるよね。

 

クラトゥモで情報を共有しよう!